バカラ 流れ

電炉材使用でCO2削減 環境配慮型自走式立体駐車場

従来の立体駐車場建設と比べて
CO2排出量を約55%※1削減
環境配慮型 自走式立体駐車場

「環境配慮型 自走式立体駐車場」完成予想パース(イメージであり、実際とは異なる場合があります。) ※1 削減率は柱・梁・床の構造材に電炉材を採用することによる従来比

建設事業で発生するCO2排出量の削減は、建設に携わる企業だけでなく、
施設を所有するお客様にとっても不可欠な課題となっています。
本商品は、高炉材に比べ鋼材製造時のCO2排出量を大幅に抑制できる電炉材※2を使用することで、
「脱炭素社会」の実現と、2050年のカーボンニュートラルの達成に貢献します。

※2 高炉材は鉄鉱石(酸化鉄)の中から鉄を取り出す際、石炭(コークス)を用いた酸素の除去(還元)が必要となり、その際に大量のCO2を排出します。一方、電炉材は鉄スクラップを電気で融解して鉄を製造するので、発電の際に生じるCO2が主な排出となり、鋼材製造時のCO2排出量が抑えられます。

地球環境にやさしい立体駐車場で持続可能な未来へ

特長 柱・梁・床の構造材に電炉材を採用
電炉材は主原料が鉄スクラップのため、資源を有効活用でき、高炉材に比べて消費エネルギーを抑えて製造できます。
CO2排出量約55%削減

モデルプラン

モデルプラン外観

モデルプラン内観

【モデルプラン】

プラン 国土交通大臣認定:5層6段(フラット式)
車室 356台
延床面積 約10,000㎡(建築面積:約2,000㎡)
主な設備 エレベーター、階段、LED照明、消火設備

オプション

  • 太陽光発電システム

    メリット1 CO2排出量削減

    脱炭素、温暖化対策の推進に貢献。

    メリット2 BCP対策

    災害など緊急時の電源として活用。

    メリット3 電気料金削減

    自家発電した電気の使用で購入電力が減少。

    ■ ニーズにあわせた導入プ
     ランをご用意
    ・自社投資
    ・リース方式
    ・PPAモデル

    ※当社がPPA事業者として太陽光発電システムを設置。使用料に応じて電気料金をお支払いいただきます。

    太陽光発電システム

  • 建物緑化

    建物緑化

    ヒートアイランド抑制

    駐車場緑化

  • 蓄電池

    蓄電池

    緊急時の電源確保

  • EV充電器

    EV充電器

    電気自動車普及の促進

  • リサイクル車止め

    車止め

    リサイクル素材活用

導入事例

壁面緑化、太陽光発電システム、不燃木パネルを備えた、リパーク柏の葉1 for SMART CITY立体駐車場

リパーク柏の葉1 for SMART CITY立体駐車場

太陽光発電システム、蓄電池、EV充電器を備えたあるかぽーと地区新立体駐車場

あるかぽーと地区新立体駐車場

実績詳細

関連提案

自走式立体駐車場

ソーラーパネル搭載型立体駐車場

駐車場内の設備電源に再生可能エネルギーを活用する環境に配慮した商品で、脱炭素社会の実現に貢献できます。

READ MORE

立体駐車場関連の資料請求、ご相談はこちらから。